低用量ピルの効果はどれほどなのか!?

低用量ピルは女性ホルモンを少量含んだピルのことです。
他のピルと違う点は副作用が少ないことや続けることでどのピルよりも高い避妊効果を発揮するところです。

低用量ピルのすごいところは様々な効果を持っているという所です。避妊効果はもちろんのこと生理の悩みや女性の更年期障害などの治療にも用いられるお薬なのです。

□こんな人におススメ低用量ピル□

低用量ピルには微量のホルモンによって女性の体調を整える作用があります。産婦人科でも低用量ピルを処方されることもあるのです。じつは生理不順や避妊以外にも様々な効果があるからです。

では一体どのような症状に有効なのでしょうか。

□月経過多の女性□

月経過多は低用量ピルで改善できる
月経過多とは昼夜とはず経血の量が多く、昼間であっても1時間おきにナプキンを変えないと経血が溢れてくる、夜になると下着やシーツを汚してしまうほど経血が出てしまう症状のことをいいます。

そんな過多月経の女性は低用量ピルを服用することで生理の経血量を調整してくれる効果があります。

□子宮外妊娠・子宮体がん・子宮内膜症・良性乳房疾患・卵巣がんの発症予防□

低用量ピルには女性特有のがん予防や子宮外妊娠の発症率を抑える作用もあるのです。

低用量ピルを長期にわたって使用する場合はこのような症状の予防にもつながります。

□多毛症の改善□

女性の多毛症は、女性にも関わらず男性の様に顔や体から毛が過度に生えてくる症状を言います。原因は男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうことや卵巣の病気、生理の異常によるものだと言われています。

このような症状の改善にも低用量ピルが効果的です。低用量ピルで女性ホルモンを摂取することで多毛症の治療に効果があるのです。