年齢別で見る低用量ピルの使い方

年齢によって女性の体は変化していきます。特に生理は年齢に大きな影響を受けます。女性の体はホルモンの影響をとても大きく受けます。

女性としての体をつくりだしてくれるのがエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンです。

この2つのホルモンは生理周期によって交互に分泌をします。

しかし、年齢によってホルモンの調子が安定しないことで体に影響してしまい体調を壊しやすくなってしまいします。

その時に助けてくれるのが低用量ピルです。低用量ピルは女性ホルモンを含んだお薬なのです。

□生理痛がきつい、生理による悩み□

生理の悩みを抱えている女性は多くいます。

中でも10代の頃は生理周期が安定しなかったり、排卵が行われない無排卵月経や生理痛が強く私生活に支障が出てしまうなどの月経困難症が起こりやすい年齢です。

生理痛は生理が起こる際に子宮が強く収縮することで痛みを感じます。

低用量ピルは生理痛の原因である子宮内膜の厚みを薄くすることで子宮内の強い収縮を制御してくれます。

□避妊・妊娠をしたい女性に低用量ピル□

低用量ピルで避妊
毎日決まった時間に服用することで高い避妊効果がある低用量ピルは服用をすることで卵巣の排卵を制御します。

その為99%の確率で避妊ができるのです。

そして、低用量ピルを服用することで卵巣が排卵しない間休ませることができるので、低用量ピルの服用を止めると十分に休んだ卵巣が質の良い卵子を排出することにより妊娠しやすくなるのです。

低用量ピルは避妊薬以外にも不妊治療にも使われているのです。

□症状がきつい更年期障害の改善にも□

更年期障害は閉経を挟んで前後5年ほど計10年ほど続くと言われています。

閉経前は自律神経の乱れでイライラやホテリを感じることが増え酷い時には生活が困難になることもあるのです。そんな時にも低用量ピルが改善をしてくれます。

ホルモンバランスが偏って起こる更年期障害を女性ホルモンを含んだ低用量ピルが整えてくれるのです。